So-net無料ブログ作成

実写版に思う その60 ゲゲゲの鬼太郎 [マンガ・アニメ]

今回は実写化というよりもアニメ化です。
内容はNHK朝の連続ドラマゲゲゲの女房からです。
もう先週になってしまいましたが、墓場の鬼太郎からなぜゲゲゲの鬼太郎になったかというエピソードです。

雑誌では人気のあった墓場の鬼太郎でしたが、TVアニメ化は壁にぶつかっていっこうに進展がありませんでした。
墓場という言葉のイメージが悪すぎる為さっぱりスポンサーがつかないということです。
熱心な出版社の人が、主題歌特集に墓場の鬼太郎を入れたいと思います。ということで、TVアニメ化が決まっていませんが、主題歌の作詞を水木しげるさんがしました。
ここで作った歌の出だしが、「ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲ」で始まるおなじみのあの曲です。
番組がないのに主題歌があるという状況になりました。

ますます出版社の方が何とか「墓場」がならないか話しているうちに
出版社の方が、「ところで先生、出だしのゲゲゲのゲって何ですか。」
水木しげるさんが「鬼太郎を虫達が讃えているんだ。」
出版社の方が、「いや、何でゲゲゲなんですか。」
水木しげるさんが、「実は子供の頃、自分のことをしげると言えず、げげるって言っていたんだよ。そこからゲゲゲに。」
ということで、名前がいえなくて、それを思い出して使ったとのことですね。
それからTVアニメ化がされ、もちろん主題歌はこの歌で、大ヒットということになったんですね。
TV化がされなくても、この物語の面白さを信じて、主題歌を作って本当に良かったです。
結局TVアニメになったんですからね。
その執念はすごいと思いました。

そして映画化がなされ、まんが→アニメ→実写映画という基本コースが終了しました。
何はともあれ「ゲゲゲ」の理由がわかって嬉しかったです。

ちなみに、2007年と2008年にウエンツ瑛士さん主演で映画化されました。

墓場鬼太郎 (1) (角川文庫―貸本まんが復刻版 (み18-7))

墓場鬼太郎 (1) (角川文庫―貸本まんが復刻版 (み18-7))

  • 作者: 水木 しげる
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 文庫



少年マガジン/オリジナル版 ゲゲゲの鬼太郎(1) (講談社漫画文庫 み 3-5)

少年マガジン/オリジナル版 ゲゲゲの鬼太郎(1) (講談社漫画文庫 み 3-5)

  • 作者: 水木 しげる
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/04/03
  • メディア: 文庫



ゲゲゲの鬼太郎 (1) (KCデラックス (669))

ゲゲゲの鬼太郎 (1) (KCデラックス (669))

  • 作者: 水木 しげる
  • 出版社/メーカー: コミックス
  • 発売日: 1996/01
  • メディア: コミック



テレビアニメ「墓場鬼太郎」オリジナルサウンドトラック

テレビアニメ「墓場鬼太郎」オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト: TVサントラ
  • 出版社/メーカー: キューンレコード
  • 発売日: 2008/03/19
  • メディア: CD









2010-08-14 17:30  nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。